uhyo/blog

puppeteerでOperaのシークレットウィンドウにタブを開くまで

2020年7月24日 公開

近年、プログラムからブラウザを操作する手段の一つとしてpuppeteerが台頭してきています。 これはChrome Devtools Protocolを用いて作られているためChromiumベースのブラウザ(Chromeなど)専用ですが、それでも多くのユースケースが存在します。

そして、OperaもまたChromiumベースのブラウザですので、puppeteerで操作できるはずです。 しかしOperaを操作するにあたってpuppeteerのドキュメント通りにやってもうまくいかない点があったので、記事に残しておきます。

環境

  • puppeteer: 5.2.1
  • Opera: 69.0.3686.77
  • Mac: macOS Mojave 10.14.6

Operaをpuppeteerで操作するには

Operaとpuppeteerを組み合わせる記事がそもそも見当たらないので、基本的なことも書いておきます。

まず、puppeteerのnpmパッケージにはChromiumを同梱したpuppeteerと同梱していないpuppeteer-coreがあります。 今回はOperaを操作するのでpuppeteer-coreがあれば十分です。 ただし、Operaは別にインストールしておく必要があります。

Operaをpuppeteerで操作するには、puppeteer.launchexecutablePathオプションにOperaのパスを渡すだけです。 例えばMacの場合はデフォルトだと次のようにすればOperaが起動します。

import puppeteer from "puppeteer-core";

const browser = await puppeteer.launch({
  executablePath: "/Applications/Opera.app/Contents/MacOS/Opera",
});

シークレットモードウィンドウを開く

上で得たbrowserに対してcreateIncognitoBrowserContextメソッドを呼び出すと、シークレットモード用のBrowserContextが得られます。 このタイミングでシークレットモードウィンドウが開きます。

const context = await browser.createIncognitoBrowserContext();

シークレットモードウィンドウ内でページを開く(うまくいかなかった例)

この状態では、シークレットモードウィンドウの中にページがありません。 そこで、この中にページ(タブ)を作る必要があります。 公式ドキュメントによれば、このcontextに対して(通常のBrowserContextと同じように)newPageを呼び出せばうまくいくはずですが、なぜかこれではうまくいきませんでした。 具体的には、newPageを呼び出すと新しいタブ(about:blank)が確かに開きますが、newPageの結果(変数pageに入る値)がnullとなってしまい、後続の操作ができません。 また、context.pages() APIの結果にもここで作られたタブの情報が得られませんでした。

うまくいかなかった例
// タブが開かれるが page がnullになる
const page = await context.newPage();

この記事では、この問題を回避して、シークレットモードウィンドウ内に開いたタブを操作できるようにする方法を見つけたので共有します。

うまくいった方法

結論としては、newPageを使って得られたタブをDevtools Protocolを生で叩くことで新しいページを作成します。 次の関数にまとめました。

function newPageInContext(context: BrowserContext, url: string) {
  return new Promise<Page>((resolve, reject) => {
    context.once("targetcreated", (target) => {
      target
        .createCDPSession()
        .then(async (session) => {
          await session.send("Page.navigate", {
            url,
          });
          const [page] = (await context.pages()).slice(-1);
          await session.detach();
          resolve(page);
        })
        .catch(reject);
    });
    context.newPage().catch(reject);
  });
}

この関数では、まずcontext.newPage()をとにかく呼び出して空のタブを作成します。 このとき、contextに登録しておいたtargetcreatedイベントが発火します。 調べてみると分かりますが、ここで得られるtargettype"other"となっています。 このせいでタブがPageとして認識されず、newPageの結果がnullになったと推測されます。

この関数の肝は、Pageではない存在に対してChrome Devtools Protocol (CDP)を生で喋ることによってPageに変換してあげることです。 そのためにcreateCDPSession()を呼び出し、CDPでPage.navigateを呼び出します。 これにより、開いたタブがそのページに遷移します。 こうするとタブがPage化するらしく、context.pages() APIによって今開いたタブが取れるようになります。 よって、これをnewPageInContextの結果として返せば終了です。

この関数はこのように使えます。

const page = await newPageInContext(context, "https://example.com/");

以上です。

まとめ

この記事では、Operaをpuppeteerで操作する場合にシークレットウィンドウ内にページを作成するとcontext.newPage()の結果がnullとなってしまう問題の対処法を説明しました。

え、何でOperaでシークレットウィンドウなのかって? OperaってフリーのVPNが付いてくるじゃないですか。それで(省略されました)


uhyo: metcha yowai software engineer

© 2020, Built with Gatsby

このサイトはGoogle Analyticsを使用しています。詳しく見る